Facetimeは単身赴任の心強い味方です!

我が家は、夫が単身赴任しているため、日常のコミュニケーションツールとして、Facetimeを使っています。

Facetimeとは?

iOS同士でビデオ通話(テレビ電話)できるアプリです。

夫婦で携帯キャリアが違うので、家族間無料通話などが無く、キャリアを一緒にするかどうか迷いました。 (節約見直しポイントのひとつですよねー;)

たまたま手持ちのiPadminiと夫のiPhoneでFacetime出来ることを確認できたので、以後、電話といえばFacetimeになりました。

iPadminiを、100均のスタンドに立てて、画面に向かいながら話しています。小さい子どうしにありがちな受話器を取り合うこともありません。

なにより、いつもお父さんの動く顔と声に接することで、子どもたちも父親を身近に感じているようです。

Facetimeで、朝は家族団らんの時間

Facetimeのビデオ電話をする時間帯は、朝ごはんの時間です。

7時半ごろから家を出る8時前の15分から30分程度です。

子どもたちが朝ごはんを食べている時に、一緒に食卓に座る感じで、スタンドに立てかけ、昨日の出来事や今日の予定などを話しています。

貴重な家族団らん時間となっています。

また私が他の準備で席を外すことがあっても、お父さんが”見て”くれています。

時には、お着替えなども見て、声かけしてもらっています。

朝は、ドタバタしているので、大人の”目”があるだけでも、かなり助かります。

気になるFacetime通信料は?

家のiPadminiはWiFiモデルで、家ではWiFiでつないでいるので、通信料は夫の分だけとなります。

ざっくりアバウトな数字ですが、他の通信も含めて、1日に0.15Gほどです。

これを1か月に換算すると、0.15G×30日=4.5G

休日は長く話すこともあるので、通信プランの7Gにちょうど収まる感じです。

まとめ/単身赴任のご家族はFacetimeで会話しよう!

他にもビデオ通話アプリはありますが、試していません。もっと良いのがあったりするのかなぁ。

でも、何はともあれ、ビデオ通話が簡単にできる時代でよかったです。

これがなかったら、もっと単身赴任に対して後ろ向きになっていたかもしれません。いや、大げさではなく。

Facetime、最高!です。


PAGE TOP