第二子は強い?復帰1年目の休暇取得状況を比較してみた

同じ2人の子どもをもつ同僚と話していたら、第二子って強いよね?みたいな流れになりました。

なんとなく感じていたことだけれど、ちゃんと比較していなかったので、比較してみました。

子どもの病気により、親も休むことになりがちなので、有給休暇の取得状況で比較してみます。

有給休暇取得データを検証

第一子 第二子
4月 2.5
5月 2.5
6月 0 2
7月 5 1.5
8月 3 2
9月 0 2
10月 2 2
11月 1 2.5
12月 0 2.5
1月 5 5
2月 3 1.5
3月 3 1.5
22 27.5
月平均  2.2日 2.3日

比較条件の確認

状況の確認

もちろん、病気だけの休みではありません。(健診や、保育参観、家族イベントなどでの休みも含まれます。)

長引く休みのときは、私の母にお願いすることもあります。

状況の違い

第一子のとき

  • 夫がいたので、病気のときはお互いに調整し、休めるときは休んでもらってました。
  • 4、5月は育児休業中でした。

第二子のとき

  • 第二子は女の子です。(一般的に男の子より強いといわれています。)
  • 夫は単身赴任で頼れません。
  • 第二子だけでなく、第一子の熱や怪我などでもお休みしました。(単独だと3日程度)

比較結果

こうやって見てみると、月平均で比較しても、あまり差はありません。

でも状況比較で考えると、夫の不在の差は大きく、第一子の時にすべて私が負担していたら、40%増しくらいで休みを消化せざるを得なかったでしょう。

そうだとしたら、有給休暇はマイナスですね。。。;

(今でもカツカツですが)

ちょっと無理矢理チックですが、第一子より、第二子の方がやっぱり強いんじゃないかと。

もちろん個人差ありますよ、性差もあるでしょうし。

あくまで我が家の場合です。

やっぱり第二子(以降)は強かった

実際に、第二子は保育園からの呼び出しもほとんどないです。

第二子(以降)が強い理由としては、

  • すでに家に保育園児がいるため、保育園の菌環境を体験済み
  • 第一子の保育園の送迎で、他の保育園児から、色々と接待を受け菌まで受け取る
からでしょうか。

なので、100%じゃないにしろ、抗菌体質になると。メリットはその抗菌体質を早くから手にすることができますが、

デメリットとしては、まだ小さいのに病気になるということでしょうか。現に、第二子は生後二ヶ月で、手足口病に罹りました。

でも結局は、なんだかんだと1年目にかかわらず、休みはほとんど消化してしまいます。

小学校は、月1で授業参観があるとかないとか聞いているので、それも考慮に入れながら、休みを貯めていきたいなと。

余談ですが・・・

どうも我が家の子どもたちは、1月に病弱になるようです。。。

季節がら、しょうがない部分もありますけどね。第一子のときはRSウィルスで入院しましたし、第二子のときはインフルエンザです。

このインフルエンザ、予防接種受けてても罹っちゃいました。兄弟同時に罹ってくれたらまだ良いんですが、今回は時間差攻撃だった(泣)ので、実家の両親にもお願いして、助けてもらいました。

本当に助かります。

私の場合、今のところ病時保育は利用していません。

理解のある職場環境で、快く休ませて貰っています。ありがたいです。


PAGE TOP