6歳の息子と夫のやりとりメッセージが面白かったので記録。

我が家のおとうさんは、単身赴任です。

毎日のコミュニケーションは、FacetimeというiOSの標準機能を使ったビデオ通話で行っているのですが、ほぼ息子用と化したiPadminiで、息子と夫はメッセージ(これもiOSの標準機能)のやりとりもしています。

上の写真は息子が4歳のときです。今でも五十音のキーボードで打っています。

関連記事Facetimeは単身赴任の心強い味方です!

いけないこととは知りつつ、男同士の秘密を覗いちゃいました。

先ほども書いたのですが、iPadminiは、ほぼ息子用です。(これの是非については今はご勘弁!)なので、私はほぼ見ることもないし、触ることすらありません。

ですが、家でしか使っていないiPhoneが1機ありまして。これ、わたし用。アカウントを一緒にしているので、メッセージが同期されているんですねぇ。夫からのメッセージ着信があったので、なんの気なしに開いてみると、そこには夫と息子の隠された秘密の会話がありました!(おおげさ)

ちびまる子ちゃん

最近、YouTubeで「ちびまる子ちゃん」にハマっている子どもたち。

父子メッセージ1

 

右(青)が息子、左の灰色が夫(おとうさん)です。

夫も容赦なく漢字交じりで送ってきます。たまにわからない漢字があると私に聞いてきます。また息子も書けはしないけれど、予測変換が出てくるので、ある程度覚えていっています。

もちろん「おかあさんといっしょ」ネタもありです。

 

朝、電話を何回かけても応答がなかった日のやりとりです。

 

「ちょんまげマーチ」は、古くからあるおかあさんといっしょソングです。

写真も送って遊んでいます。

メッセージ4

 

とんでもないことになっています。勝手に冷蔵庫からハムを出して食べていました。

このまま、おとうさんとのコミュニケーションが続けばいいな。

子どもにiPadを制限もなしに持たせるなんて!というお叱りをうけるかもしれませんが、限度を超えないように気をつけていれば、ある程度はいいのかな?と思っています。(まぁ、その限度が問題なのですが・・・。)

いうてもデジタル社会で生きていくわけですから。親の私もどっぷりデジタル漬けですし。

いつも一緒にいれば必要のないものかもしれませんが、便利なツールは便利に使って、これからも親子のコミュニケーションを助けて貰います。

ではではー。


PAGE TOP